チャイルドラインびんごとは


チャイルドラインびんごの実施団体は、子どもサポネット「ハートフル」です。
私ども “子どもサポネット「ハートフル」” は、

県東部を中心に、地域の中で18才までの子どもの心を聴く専用電話、「チャイルドラインびんご」 を運営。子どもたちに「心の居場所」を提供しています。

 

0120-99-7777(全国共通フリーダイヤル)

(通話料無料/携帯・PHS OK)対象:全国の18歳までの子ども

 

【NEW】2014年4月より開設日程が変更します。

 

【変更後】

・第1・第3月曜日17:00~20:00

・第2・第4土曜日16:00~19:00

 

0120-927-874(びんご専用フリーダイヤル※広島県東部のみ)
084-922-5553(上記以外の地域からはコチラ)

 

【主な活動内容】

 (1)子どもたちの意見や声を聴く活動

 (2)子ども達が関わる諸活動のサポート活動

 (3)子どもに関わる学習会・セミナー・講演会などの開催

 (4)関係する諸機関や個人の情報交換や交流を深める活動

 (5)行政や諸団体、市民などに提言する活動

 ※子どもサポネット「ハートフル」は

「子どもたちがいきいきと過ごせるような地域社会を、

 多くの方々と手をつなぎながらつくっていきたい」と考えています。

「チャイルドラインびんご」には、いろんな子ども達からの声が届いています…
                  
「友だちが他の子と仲良しになって、私とはあまり話さなくなった…」

「うれしいことがあって電話しました!」

「友だちとケンカした。どうしたら仲直りできるかなぁ」

「算数が苦手だよ~」

「好きな人がいる。でもその人、彼女がいるの」

「悪口を言われるけど、言い返せない」

「お父さんもお母さんも、忙しくて遊んでくれない」

「学校で意地悪なことを言われるんだけど…」

「こんなに一生懸命聴いてもらえてうれしい。今度は楽しいことで電話するね」


2008年1月1日現在、日本全国33都道府県62団体 がチャイルドラインに取り組んでいます。
子ども達の生の声から見えてきた問題や課題は、多くの方々と連携を取りながら随時社会に発信していくことで、子どもが豊かに育つまちづくりに、私たちも参画していきたいと思っています。